コレで丸わかり!クレジットカード現金化の基本

「クレジットカード現金化」これをまだ利用したことがないという方は是非この記事を読んでみてください。いかに簡単に、安全に、すぐに現金を手に入れられるのかを説明します。初心者の方は九レット現金化に対していろいろな不安や悩みをお持ちと思いますが、この記事を読んでもらえれば、すっきり解消してもらえると思います。手続きから入金までしっかりと説明していきます。
●こんな簡単な手続きなんです!
まずは、クレジットカード現金化の業者を検索してみてください。いくつも出てきますので、ホームページで条件等をザッと確認して、良ければ申し込みページへ行ってください。必要事項を入力すれば後は業者の担当者から電話が来るのを待つだけです。
電話がかかってくれば、簡単な本人確認を行います。運転免許証などの身分証をメールで送信して行う程度のものです。金融機関等の審査ではないので、すごく簡単に済みます。悪徳業者はここで必要以上の情報を要求してくるので注意をしてください。なお、何度も利用している場合はこの本人確認が必要ないので、ここを省いて手続きを進めることができるので、もっと早く済ませられます。
本人確認を済ませれば、換金率や入金時間、金額などの確認をしていきます。ここで注意するのは、ホームページと相違がないかです。悪徳業者は手数料など理由を付けて実際の入金額を減らしてきます。足元を見ていろいろと言ってきますので、そんな業者とは取引をしないようにしましょう。
次は業者から指示のあった商品をカードで購入すれば終了です。後は自分の口座にお金が入っているかを確認するだけです。これが手続きから入金までの全てです。たったこれだけです。これが早ければ数十分でできてしまうわけです。
●換金率に目をくらませるのは危険!
どうせするなら換金率の高い業者を選ぼうとするのは危険です。高ければ高いだけ悪徳業者の可能性も高いです。また、業者に頼めば手数料を取られると、自分で全てをするのもおススメはできません。その理由としては、クレジットカード会社にクレジットカード現金化が見つかってしまうリスクが高まるからです。もし見つかれば、クレジットカードの利用停止などの厳しい処分を受けますので、そんなリスクを減らす保険と思って業者を利用する方が長く続けられると思いますので、換金率ばかりに目をやるのはやめましょう。

これで安心!クレジット現金化を安心してする方法

クレジット現金化に興味を持っているものの、クレジットカード会社にバレて利用停止になるリスクを考えて行えない人もいると思います。そんな方に、安全性の高い方法となぜバレてしまうのかを説明したいと思います。クレジットカード現金化は便利に現金を手にできる方法です。知識がなくて使えないのはもったいないです。是非理解を深めて、クレジット現金化をスタートさせてください。
●なぜクレジットカード会社にバレてしまうの?
初心者の方でショッピング枠現金化がバレて利用停止される事がよくあります。これはなぜ起こるのかと言うと、クレジットカード会社はクレジットカードの利用履歴を監視しているからです。それも、ものすごい数の利用履歴の中からでも、現金化の疑いがある利用のみを見つけるシステムを持っているのですぐにバレてしまうのです。例えば、換金率の高い商品ばかりを大量に購入している履歴が何度もあったら疑わしいですよね。
また、クレジットカード現金化を行う方は、1度だけでなく何度も利用する傾向にあります。そんな事から何度も金券や高額商品を購入するので比較的簡単にバレてしまいます。そうならないために必要なのが、自分1人で現金化するのではなく、現金化業者を利用する事です。次はその業者の利用の仕方を紹介していきます。
●これで安全!優良業者の選び方
クレジットカード現金化の安全性を高めるには業者を利用するのが一番です。ですが、どうやって優良か悪徳かを見極めたらいいのかわからないですよね。そこで今回は基本的な方法を紹介していきます。まずは、大手現金化業者の換金率を把握してください。だいたい80%です。ですが、90%を軽く超すような換金率をうたう業者もあります。ついつい釣られてしまいそうですが、とんでもない「手数料」を引かれる事もありますので、以上に高い換金率の業者は避けてください。また、手続きに必要な情報は身分証くらいですが、必要以上に情報を要求してくる業者も悪徳業者である事が多いです。他には電話の対応が悪かったり、ホームページが雑であったり不安を覚えるような業者は避けるようにして選ぶようにしてください。もしどれも不安な方は、口コミを参考に大手現金化業者を選んでみてはどうでしょうか。

クレジットカードの現金化悪質業者の特徴

現金化業者の中には約束したお金を支払わらなかったり、渡した個人情報などを悪用する会社もあります。表でうたっている還元率が相場にあっているか、一括で即日振り込まれるのかと言った点でチェックするようにしましょう。
★ 換金率がホームページの記載と違う
クレジットカードのショッピング枠現金化の相場は70?80%と言われています。この相場よりも高い還元率を提示している業者は疑った方がいいかもしれません。悪質業者である可能性があります。
悪質業者は換金率がホームページの記載と違うことが多々有ります。高い金額で還元できるかのように書いてあっても、実際に振り込まれた額が異常に低いなんてこともありえます。
一度少額で試してみるのも手です。必ず優良な運営会社かどうかを調べておきましょう。
★ 現金分割払いの業者は要注意
一般的にクレジットカード現金化は即日か、翌日営業日には銀行口座に振り込まれるなどしてお金を手に入れられるようになっています。「分割支払い」をうたっている業者は悪質業者である恐れがあります。
支払われるはずの金額が支払われなかったり、時には手続きをしたのに買い物だけをして現金が振り込まれないなどということもあります。
分割払いと記載がある業者は避けたほうが無難です。
★ 個人情報を悪用される
クレジットカード現金化の際、クレジットカード情報を業者に伝えなければなりません。また、その他様々な個人情報が必要となります。
そう言ったカードや個人の情報を集めて悪用しようとする悪い業者も存在します。一度引っかかると様々なトラブルに巻き込まれる恐れがあるので、クレジットカード現金化をするときには必ず信用できる会社かどうかを調べるようにしましょう。
現金化の会社を選ぶ際にはきちんと情報収集をするようにしてください。相場、即日支払いかどうかは必ずチェックしたいポイントです。不要なトラブルに巻き込まれて、損をしてしまうことを防ぐためにも安易な行動をしないようにしましょう。

現金化は詐欺行為。バレたら罪に問われることも

簡単に現金を手に入れられる気がしますが、クレジットカード現金化には様々なリスクがあります。規約違反行為で詐欺に問われることもありますし、他にも個人情報が漏れてトラブルに巻き込まれる恐れもあります。
★ 規約違反でカード会社を騙す行為
基本的にカード運営会社はショッピング枠現金化を禁止しています。バレたら規約違反としてカードが利用停止になる恐れもあります。
カードで購入したものは、カード会社に支払いが完了するまで、所有権は運営会社にあります。ですから支払いが完了していないのに転売して現金を得ようとするのは問題になります。
クレジットカード現金化は規約違反で詐欺とも捉えられるおそれがあります。犯罪として逮捕されたという人は今までいませんが、そうなるリスクはあるということを忘れないようにしましょう。
★ 個人情報が漏れてトラブルにつながる恐れが
現金化の際にはカード情報や個人情報を業者に伝える必要があります。中にはそういった利用者の情報を悪用する業者も存在します。業者選びの際には注意が必要です。
一度個人情報が漏れてしまうと、様々なトラブルに巻き込まれます。架空請求が届いたり、カードを悪用されたりするかもしれません。時には頼んでもないのにお金が振り込まれ、後で利息をつけて返済することを求められることもあります。
★ 事実上法外な利息での借金
法律で借金の金利は20%までと定められています。クレジットカード現金化をの相場は70?80%です。この還元率を金利に当てはめると、数百%の金利になってしまいます。ショッピング枠現金化は大損な借金だということです。
ショッピング枠現金化は高い金利でお金を借りることと同じであることを忘れないようにしましょう。
下手をすると大損をしかねないのがクレジットカード現金化でお金を得ることの特徴です。罪に問われたり、架空請求に悩まされる恐れもあります。実際にやる際には細心の注意を払って行うようにしましょう。

キャッシング枠がいっぱいになっている人は要注意。現金化がバレる仕組み

還元率の高いものを買ってクレジットカード現金化をする場合、明細だけを見ると「現金化が目的かどうか」が曖昧になります。それでもバレる人はバレます。バレる人の特徴は以下の通りです。
★ キャッシング枠がいっぱいになっている人は運営会社に目をつけられている
クレジットカード現金化をする人の特徴として、カードのキャッシング枠がいっぱいになっているというものが挙げられます。従ってそういう人はカード会社から目をつけられています。現金化をする際にはバレないように注意が必要です。
運営会社は利用者が現金化目的の買い物をしていないか常にチェックをしています。キャッシング枠がいっぱいになっている人はすでに要注意人物としてピックアップされているので、少しでも怪しい買い物をしたらすぐに利用停止になることもあります。
実際には「明らかに現金化をしている」という人しか利用停止にはなりません。けれどもショッピング枠現金化をする人の特徴に照らし合わせて、規約違反をしている人を洗い出しています。
★ 頻繁に換金率の高いものを購入している人も注意
他にも運営会社が目を光らせるような人物像としては、換金率の高いものを頻繁に購入する人です。
ブランド物や時計などばかりが利用明細に残っている人はカード会社にとって要注意人物です。新幹線のチケットも還元率の高い商品ですが、不自然に人気区間を大量購入すると怪しまれます。
クレジットカード現金化に使われる商品はだいたい決まっており、カード会社はそういったものをよく買っている人に対して特に注目しています。
★ ブランド物など換金率の高い物を買いすぎないことが重要
カード会社の目をごまかすためには、換金率の高い買い物をしすぎないことが重要になってきます。また、ショッピング枠現金化をしてくれる業者を使うとバレにくくなります。
カードのキャッシング枠がいっぱいになっている人はすでに運営会社にマークされているということを自覚してください。その上でバレないように現金化をする工夫が必要です。